いろいろあったジロ2006。思い出しながら今年の「記憶ベスト10くらい」を箇条書きで。


・フォイクトカッコよすぎ。「勝利はキミのものだ。さぁ行け!」ガラテも「彼こそが真の勝者だ!」
・ブラマーティの凱旋、粋な計らいに不覚にも涙こぼれました。
・ウルリッヒTT速い!絶好調な状態ではないはずなのに勝ててしまう強さ。ツールに期待。
・リバティー・セグロス事件。選手たち、とくにお気に入りの選手たちが違反に手を染めていないことを願っています。
・シモーニの意地に男を感じた。でも「勝ちをもらえると思ったのに...」発言はいただけない:-)
・最後の最後にサボルデッリの職人技的下りを見ることができてよかった。
・最大の売り文句で紹介されていた未舗装地帯ゴールがなくなって残念。
・チマ・コッピは「チマ・コッピ」という山があるのだとずっと思っていた(^^;
・ペタッキ落車。お皿を割る大けが。ツールでの活躍も期待していたのに...
・あとちょっと粘れば、、、、。アクセル・メルクスの悲劇。諦めずツールではぜひ一勝を!
・TTT。最後にちょっと千切れてしまったが為に勝利を逃したTモバイル。悔しいだろうなぁ。。



 ぱっと思いつくままに書いたので、資料を見ながらだともっと色々出てきそうです。









.
22814