高浜小の縮充建設は、恐らく市最大の公共施設、その財政効果を確認してみます! (再)

---高浜小・複合建設の効果---☆--- (*市の当初の計画による縮充効果の説明資料) 

f:id:t2521:20160708091225j:plain 

この資料を説明させて頂きます。 (見にくいかもしれません。写真クリックで大きく)

① 施設は「公共施設 - 13施設」がリストアップされています。

② 「単独建設費(A)」は、施設を個別に建設した場が合の金額。

    ⇒ 単独建設の合計 -「49億円」も要する。「高浜財政は破たんする」の説明。

③ 「複合化施設の建設費(B)」は、13施設全てを複合化(集約)建設した場合の金額。

 ⇒ 複合化の建設費 - 「37億円」と説明!

④ 「財政効果(A-B)」は、複合化による財源の削減効果を現しています。

 ⇒ 財源効果 - 「▲12億円節約」と説明!   

この説明通りで推進が本当なら、信頼し「黙認」していたかもしれません!

---実際の施設計画-------☆---

ところが、実際は「市民には複合化は財源効果がある」と説明終了後、数か月経過。議員さん情報だったと思います。市民説明とは異なる仕様にて検討推進中の情報!? 

「施設数は 10施設  」(3施設を計画から除外)

★「建設費は 52億円目標 !」(*常識的には37億円以下では?!)

⇒ これでは、複合化の財源効果は頓挫です。「何のため複合化」か説明はありません!

 しかし、市は、建設計画を推進し、建設業者へ設計提案を要請されていました。 

---財源効果の疑問-------☆---

市の当初の説明とは、まったく異なる仕様・建設費、そして最大の決定要素である「財源効果」を市民に説明も無く、小学校の複合化建設が推進されていることは、

 市政運営として適切なのでしょうか?